車の買取査定アップを応援

車のローンが残っていても売却って出来る?

車を売却するには

スポンサーリンク

車を買うときは常に一括で支払います、という方はお金持ちか倹約家だと思いますが、だいたい100万円以上かかる車の購入にはローンを利用する方が大半だと思います。最近は残価設定型のローンやリースからの切り替えローンなど、複数の選択肢から購入方法を選べるようになりましたが、購入を検討する場合、多くの方がローンを利用するのではないかと思います。

ローンを払い終わってから、買い替えをするのが一般的ですが、例えば狙っていた車種の限定バージョンが発売されたり、欲しかった車が中古車などで見つかったりすると、ローンが残ってるけど買い換えたいという状況になります。ローンが残っていても買い換えって出来るのか、疑問に思うところでしょう。

ローンが残っている車を買い換える場合は、次の方法があります。

・ローンを全て払ってから新しい車に買い換える
・ディーラーなどで残ってるローンを精算するため、新しくローンを組み直す
・下取り査定や買取店への売却でローン残債分を支払う

ローンが残っていれば、所有権は自分以外

なお、ローンが残っている状態というのは、自分自身に車の所有権がありません。ローンを組んだ信販会社や金融機関が所有者になっているかと思います。ローンの性質上、返済されないリスクがありますので、それを防ぐため車を担保として設定しているのです。これを所有権の留保と呼びます。

もし所有権が自分に無い状態で勝手に売った場合、横領(占有離脱物横領罪)にあたりますので、ご注意ください。刑法で1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料となっており、民法でも損害を賠償する責任があります。つまり確実に過失があり、責を問われます。ただこれは無断で行った場合に発生する罪状です。所有者の許可を得たうえで売却を行うぶんには問題ありません。これを「所有権の解除」といいます。

売却をするには所有権の解除が必要

所有権の解除を行うには、基本的に2つの方法となります。1つは「全額返済」してしまうことです。ローン契約とは一定の額を貸し付ける事ですから、ローン契約を解除するには全額返済が基本となります。貯金などがあり残額を全て返済出来るのであれば、それが一番最善です。

他のローン会社と契約してローンを組み替える方法もありますが、きちんとした返済計画がない状態で組み替えを行うのはあまりおすすめ出来ません。ローンを組むと、自分のお金ではないのにお金が増えたような感覚になるので、組み替えは多重債務へと繋がる恐れがあります。ただし、たとえばローンを組んだ時に比べて現在の方が利率が低ければ、組み替えをするメリットがあります。

もう1つの方法は、所有者(ローンの貸し主)に対して車の売却を相談のうえ、承諾を得ることです。売却によって完済することが出来る、あるいは売却によって少額の不足分が出ても差額を含めて完済出来るということであれば、売却を認めてくれる場合があります。このようなケースだと、一括査定によって相見積もりを取ることが手段として有効です。

一括査定によって複数社から見積もりや査定額を出してもらえれば、売却額が30万円から50万円の範囲というように、おおよそ目安が出来ます。これをもとに信販会社や販売会社へ相談することで、説得出来る確率が高くなり、所有権解除の承諾を得やすくなります。承認前に売却するのはダメですが、見積もり査定を取るところまでは問題ないので、仮に承諾を得られなかったとしても査定だけ取っておくのは有効です。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861