車の買取査定アップを応援

中古車の価格が下がるのはいつ?

車を買い換える時の疑問

スポンサーリンク

所有車を売却する人は色んな理由があって売却を決断しますが、売却したお金の使い道については、買い換える車の購入資金に充てるという方が多いと思います。新車を購入するのであれば下取りと買取のどちらが得かを検討した上で売却するでしょうし、中古車を購入する場合でも、中古車販売店で下取りをすることがあるかもしれません。

中古車を購入する場合は、買う時期をよく検討してから購入することをおすすめします。というのも、中古車の価格というのは新車と違い、買う時期によって大きく変動するためです。

中古車の価格は需要で決まる

中古車の価格が下がる時期というのは、決算の時期、それから中古車を買いたいという人が少ない時期(需要が少ない時期)です。需要が少ない時期でも中古車のお店は開店してますので、お店側は売上をたてなければなりません。売れない時期に売上を出さなければならない為には、商品の価格を下げるのが基本です。そのため、需要の少ない時期ほど中古車の価格は下がります。

需要が高い時期というのは2~3月です。この時期は1年で最も繁忙期にあたるので、売る場合はもちろん、買う場合もそれなりの値引き感があって購入することが出来ます。

反面、需要が下がるのは7月、12月、1月といわれています。これはボーナス後という理由があります。車は高額な買い物なので、まとまったお金を頭金として購入する方が一般的です。そのため、車を買う意志がある方の大半はボーナス前後に購入を行うはずだといえます。もしボーナス後でも売れ残った場合、売れる時期を過ぎてしまった商品となります。つまり売りづらい商品、売れ残りという訳です。

中古車の売れ残りは交渉次第で値引きが可能

スーパーの生鮮食品のように半額値引きというのはほとんどありませんが、交渉次第で値引きが可能になります。というのも売れ残りの車を抱えるのは中古車販売店にとってリスクになるためです。在庫を抱えるのがリスクになるというのは、まず置いておくだけで古くなる事です。登録年からどんどん年数が立ってしまうので、その分だけ価値が下がります。新しい車の方が当然売りやすくなりますので、常に在庫が回転するような状況が理想的です。

また車検の問題もあります。買い取った時点で車検切れの車は中古車販売店車検を更新します。更新後は車検がフルに残ってるので一番売りやすい時期ですが、この時期に売れないと厳しくなります。そのためフルに近い状態で早く売りたいため、値引きをしてでも売ってしまおうと考えます。

ただし、大幅な値引きが期待できるのは、ある程度売れる車種の中で不人気なグレードや、不人気な色の場合です。販売店の「当て」が外れたため、赤字になるくらいなら売った方が良いという打算が働くので、大幅な値引きになりやすくなります。

不人気車種やマニア向け、一部のスポーツカーなどは時期を問わずに売れるので、在庫として揃えておき、購入したい人を待ちます。こういう車種はそもそも流通量が少ないため、売り手市場になります。そのため、あまり値引きは期待出来ないでしょう。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4859