車の買取査定アップを応援

自分の車の相場を調べるには?

車を売却するには

スポンサーリンク

車を売る場合は、査定を受けてつけられた値段に対し、納得すれば売却という流れになります。もし査定額に納得できなければ売らないで良いですし、あと少しという査定額であれば交渉で上がる可能性があります。

車の査定は、状態を確認して車の値段をつけます。査定の値段は「店頭で販売する価格」から「一定の利益を差し引いた額」になります。店頭に並べられている車というのは、買取額に一定の利益を上乗せしていますので、同じ車が店頭の値段より高く売れることはありません。

中古車市場にはいくつかの相場があり、査定を受ける場合は相場を基準にして算出されます。直接的に影響するのは買取相場、オークション相場と呼ばれるもので、これは中古車を業者間で売買する際の相場になります。プロ同士の売買になりますので、価値を純粋に見極めた限界値になります。

一般の人がこのオークション相場を知ることは出来ません。参加している会社内だけで確認され、それをもとに査定を行ったり販売額をつけたりしますので、非常に大事なデータです。車買取会社の人と仲良くなれば、自分の愛車分は教えてくれるかもしれませんが、全部のデータは厳重に管理されてますので、把握することは出来ません。

ただオークション相場に頼らなくても愛車の相場を調べることは出来ます。

中古車販売店で相場を調べる方法

まずは中古車販売店で提示されてる価格を調べます。今ならネットに価格を掲載している会社が多いので、調べることは難しくないと思います。あるいはgoo-netのように全国の中古車販売店から検索出来るようなサービスもあります。

調べる際に注意しなければならないのは、提示されてる販売額は、店舗によって異なるという事です。複数社を確認したうえで把握しなければなりません。これは店舗によって利益の幅が違うので、全く同じ車でも利益として取る価格が異なります。走行距離が違ったり整備状況が違ったりするため、厳密に同じ車を同時期に見つけることは出来ませんが、似通った車であれば似たような価格になるのが通常です。

ある程度確認していくと、同じ車種でも値段の違うことが確認出来ると思います。これは装備品やグレードによって価格が異なるためです。値段が高い場合は必ずアピールポイントとして記載されてますので、どんな要素が高く売れる要素になるのかを確認することが出来ます。

ただ価格の違いは装備だけでは決まらないので注意が必要です。人気車種の場合や、特定のカテゴリーでは在庫のだぶつきが起きることがあり、そのため価格の下がることがあります。特定のカテゴリーとは、たとえばミニバンの買取強化キャンペーンなどで買取を多くした結果、予定よりも在庫が多くなってしまった場合などで、価格を少し下げてでも販売することがあります。需要期と呼ばれる3月頃に、売れ残りそうな車があった場合も、同じように大幅な値引きをするので価格は変動しやすくなります。そのため需要期はなるべく避けて確認した方が良いです。

実際に査定された人の情報を調べる

次に口コミサイトなどで中古車の査定金額を調べます。みんからなどのサイトでは売却額を公表している方が多数いますので、参考になると思います。同じ車種でも装備品の違いや取り扱い方によるコンディションの違いなどによって価格は異なってきますので、注意深く確認する必要があります。

先ほど需要期という話がありましたが、中古車の販売市場は需要によって大きく変動しますので、ある時期に確認した相場がずっと続く訳ではありません。3月と9月は車が売れやすいので、在庫を多めに抱えますが、需要期の最中でも売り切ってしまうために価格を大幅に下げることがあります。そのため、季節による変動は常に意識する必要があります。

中古車市場での販売額相場と、実際に売却した人の相場をあわせると、大まかな買取相場が見えてくると思います。買取査定金額は会社ごとに設定する利益額によって差が出ますので、一括査定による競争で比較するのが一番確実です。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4859