車の買取査定アップを応援

車を売却する場合、あなたは消費者じゃありません

車を売却するには

スポンサーリンク

普段の生活において、仕事以外ではほとんどの場面で「消費者」として生活します。消費者とは、主に金銭を支払う事で、その対価として物品やサービスを受け取る側の事です。簡単にいえばお金を払う側が消費者で、お金を受け取る側が販売者、提供者です。

車を売却する場合においては、あなたが販売者となります。当たり前の事のように思われるかもしれませんが、ちゃんと認識されてる方は意外に少ないものです。

販売者として適正な態度を

たとえば買取査定を依頼して思ったより値段が付かなかった場合、もう少し高くしてとお願いすることはないでしょうか? これは反対の立場で考えれば分かりますが、レジに商品を持って行ったら、レジの人からもう少し高く買ってくれないですか? とお願いされるのに似ています。厳密には異なりますが、販売者が消費者に対してお願いする構造としては一緒です。

生活の場面において販売者となる機会はそれほどないので、つい忘れがちですが、車を買い取ってもらうという行為は販売者として対峙する必要がある商行為です。相手は企業、自分は個人だからという言い訳はほとんど意味がありません。

販売者と意識する事で商品に対する姿勢が変わる

勘違いしやすい理由としては、企業相手という事の他に、買取会社が購入した中古車を直接使用するのではなく、再販売するケースがほとんどのため、相手を消費者としてイメージしにくいという側面があるかもしれません。

自分が販売者という認識を持つだけでも、買い取りに対する態度が変化してきます。商品となる愛車を「買ってもらう」ために何が必要かを考えます。愛車の長所を把握しアピールする事で、買取価格を上げてもらうように「説得」します。キレイな状態のほうが当然良く見えますので、掃除や洗車をして、査定を待ちます。天気すら気になるかもしれません。

消費者のような態度で接しても買取金額は一緒という考え方もありますが、商売の基本は人と人との交流にありますので、全く一緒という事はあり得ないと思います。また丁寧に接することで、愛車と過ごした時間も含めて気持ちの良い「お別れ」が出来ると思います。

企業相手となると、普段のストレスの影響もあるのか、横柄に接する人がいたり、クレーマーのように接する人がいて、とても残念な気持ちになります。しかし中古車を売る場合に限っては、対企業でもあなたが販売者となりますので、商品に対する責任等が発生します。瑕疵があった場合にも原則的には販売側に責任が生じます。そのため、買取査定は受け身の姿勢だけではなく、最低限の知識や対応が求められると思います。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861