車の買取査定アップを応援

事故車は買取と下取りどっちがお得?

車の下取りに関する基礎知識

スポンサーリンク

車に乗っている限り、どれだけ注意しても完全に事故を防ぐことは難しいものです。自分が原因でなくても、もらい事故など運悪く事故に遭ってしまうことがあります。身体が無事であれば何よりですが、1トン以上の物体同士がぶつかる訳なので、車の方には何らかの損傷が発生してしまいます。

査定において事故車、修復歴車と判断される基準は、別途まとめていますのでご参照ください。参考→ 修復歴ありと診断される具体的な判断基準が知りたい

事故車と判断されるような場合、ディーラーへ下取りに出すのと、買取会社へ売却するのと、どっちが得なのか気になりますね。ケースバイケースですが、どちらもメリット・デメリットがあると思います。一応前提としては、修復済みの車としています。

下取りなら引き取ってくれる

下取りに出す場合のメリットは、よほど大きな事故でない限りは引き取ってくれるという事です。新車の購入を条件とする下取りになりますので、車の純粋な価値だけで評価せず、相対的な評価になります。新規で購入する車のグレード・価格によっては、本来値段が付かない車であっても、値段をつけてくれることがあるかもしれません。

下取りのデメリットは、納得しない下取り金額であっても断りづらい点です。また交渉の余地がほとんどありません。価格をアップさせる交渉のためには、他でも良いという姿勢や、買わなくても良いという姿勢を見せることが必要です。恋愛と同じで惚れた方が負けです。条件を提示されたときに、断れるか断れないかの違いは大きく、絶対に断らないとわかってる相手に対して、限界値を出してくる事は絶対にありません。

事故車であっても一括査定であれば競争になる

買取会社のメリットについては、複数の会社に査定を依頼することで競争させられることが出来るので、価格をアップさせる可能性が高くなります。単独で査定を依頼する場合は競争原理が働きませんが、複数の会社へ同時に依頼することで、競争させて価格を上げてもらうことが可能です。

一方でデメリットについては、売れないリスクを避けるため、複数の会社に依頼しても買い取ってくれない場合があることです。下取りの場合は無償でも廃車費用がかからず引き取ってくれるなら得、という側面がありますが、買取会社の場合は利益が出なければ買い取ることはしないので、事故車の程度によっては買い取ってくれない場合があります。

もし買取会社で値が付かない場合は、廃車専門の会社に依頼する方法もあります。中古車として値段がつかない車でも、パーツ取りや鉄クズ代として得られる利益がありますので、価格のつく可能性があります。

事故車だから値段がつかないと思ってしまいがちですが、値段のつく場合もありますので、まずは査定を依頼してみるのがおすすめです。売る場所が違うだけで値段のつくケースはたくさんあります。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4859