車の買取査定アップを応援

ワンオーナー車の下取りは査定価格に影響するか?

車の下取りに関する基礎知識

スポンサーリンク

新車からそのまま乗り続けた後に、売却すると、その車はワンオーナー車として販売されます。今まで1人しか乗っていないという意味で販売価格に上乗せしたり、セールス時に強調してきたりしますが、売却時にアピールしなければ、そのままスルーされてしまう事があります。
参考→ 高額査定のポイント(アピールポイント・整備記録)

ディーラーへ下取りをした場合、価格はあまり期待できない

買取専門店に売却した場合には、他店との競争があるので査定額への上乗せ額も変わってきますが、ディーラーへ下取りした場合の値引き額はそれほど期待できません。

ディーラーへ下取りをする場合には、ディーラーとの関係性を作る目的で依頼するか、買取専門店の査定結果を持ち込んで、下取り額に反映されるよう交渉した方が良いです。
参考→ 下取り価格を上げるテクニック

下取りを依頼する場合、ワンオーナー車であったとしても、大きく値引きされる事はありません。ワンオーナー車であっても、人気のある中古車の場合のみ価値が発生します。人気のある中古車とは、既に生産終了しているモデルや、新車でモデルチェンジしている車の場合です。
参考→ 高く売れるワンオーナー車の特徴

ディーラーへ下取りを出すメリット

ここまで述べた範囲では、ワンオーナー車であってもディーラーへ下取りを出すメリットが一切無いように思われますが、同一車種の買い替えのような場合や、ずっと同じディーラーで依頼する場合にはメリットがあります。

まず同じディーラーで取引するメリットは、関係性を深めることによる人付き合いです。ディーラーは地域に根ざした活動をしているので、商店街の組合などに加盟していたら、付き合いの意味で取引する理由があります。関係性を深めることで、ブレーキランプの交換など軽微な修理などは無料でやってもらえる事があります。車検や修理も割引を受けられる可能性が高くなります。

また、他メーカーと競争している車種の場合は、メーカーから対策費として予算の設定されている事がありますので、その場合は大幅な値引きが期待できます。通常は交渉手段として、最後の切り札で値下げする際に使われますが、関係性を作っておくと全額適用してくれる可能性が高くなります。こういった対策費は下取りありに限ることが多いので、対策費の設定されている車種を購入検討している場合には、ディーラー下取りも選択肢になります。

ワンオーナーで乗り続ける人は年々少なくなっている

ワンオーナーで乗り続けている方というのは、年々少なくなっています。新車よりも中古車のほうが売れていますので、新車で乗り換えてくれる人というのは、ディーラーにしてみれば最大限に手厚く扱わなければならないお客さんです。

一定期間で買い替えをおこない、ずっと同じディーラーと取引をするメリットはありますが、デメリットも多くあります。ディーラー側では「必ずうちで取引してもらえる」という安心感から、値引きが形だけになったり、対応がおざなりになったりします。関係性を深くする事は付き合いが楽になりますが、取引関係の場合には緊張感がなくなる事で適正なサービスを受けられなくなるデメリットの方が大きいように思います。

車は高額な商品なだけに、サービス提供側や販売側は様々な手段で取り入って、有利な取引をしたいと望んでいます。そのため、消費者であるこちら側で情報収集を行ない、適切に判断していく必要があります。車の売却に限れば、ディーラーで下取りするよりも買取専門店などに売却した方が高く売れる可能性があるので、乗り換えを検討している場合には選択肢を広く持った方が良いです。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861