車の買取査定アップを応援

中古車販売店の下取りってお得?

車の下取りに関する基礎知識

スポンサーリンク

通常「下取り」といえばディーラーで契約する場合と考えられますが、下取りとは購入を条件として現在の車を引き受ける事なので、中古車販売店で下取りをお願いするケースも当然あります。中古車販売の専門店が増えてきた現状では、むしろこっちのケースの方が多いかもしれません。

ディーラーに下取りをお願いする場合は、一括査定で買い取ってもらうよりも低い金額になりがちという事はお伝えしましたが、中古車販売店での下取りでも同じでしょうか?

買い取った車をどう扱うかによって異なる

中古車販売店といっても、いくつかのパターンがあります。ひとつは直接買い取って直接販売するパターンです。一般の人からしたら、このパターンが一番多いように思えますが、このパターンだけではありません。

買い取ってオークションで転売するパターンも多いようです。オークションといっても個人オークションのような取引ではなく、中古車業者しか参加できない専門のオークションが定期的に開催されていて、そこで転売をします。当然、仕入れ価格(買取価格)はオークション相場よりも低いです。中古車市場は人気によって変動しますので、たとえば半年後も同じ金額である保証は全くありません。そのため、買い取った後は速やかにオークションで販売します。

オークションで転売するのは、不要な在庫を抱えないためです。在庫として確保しておきたい車種が、常に売り出される訳ではありません。売りたい人の車と買いたい(仕入れたい)車が一致することは少ないのです。しかし転売によって儲けが出るなら積極的に買い取ります。店頭で買ってくれるのを待つよりも、相場の金額で販売できる見込みがあるなら、転売で利益を得た方が確実です。

大手販売店なら期待出来る?

大手の場合は全国にチェーン展開していますので、全国規模で在庫の調整が出来ます。そのためオークションに転売するよりは自社内の欲しい事業所に移動させるだけで速やかに販売する事が出来ます。

それでは直接販売する会社に売れば限界値になるかといえば、それも微妙です。何故なら、下取りというシステムの仕組み上、購入を前提としているので、多少条件が良くなくても契約してくれる可能性が高いためです。

仮に一括査定で70万円くらいつく車を、下取りで売ろうとした場合、購入したい車から50万円値引きますという初回の提案であっさり契約する方がほとんどです。何故かといえば、一括査定による相場を知らず、競争のない状態で契約に臨んでいるためです。実際にどれくらいの価値があるかを知っていれば別ですが、ほとんどの方がディーラーの下取りと同様にほとんど交渉せずに契約してしまいます。提示された金額のみで評価しなくてはならないので、相場より高いか安いかの判断が出来ません。「本当はこの値段出せないんですけど、せっかく良い車買ってくれるというので頑張りました」とか言われれば、「その金額でオッケーです」と答えたくなりませんか?

もし中古車販売店で下取りを依頼する場合でも、事前に一括査定を依頼されることをおすすめします。そして、下取りで値段がつかなければ買取会社に売却することも検討するべきです。下取りに限定したメリットはほとんどありませんので、純粋に高く売れる方法で売却するべきです。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861