車の買取査定アップを応援

車の下取りと買取、お得なのはどっち?

車の下取りに関する基礎知識

スポンサーリンク

「車を高く売れるなら1円でも高く売りたいけど、面倒なことは嫌だ」

これが実際に車を売ろうとする時に思う事ではないでしょうか。実際にそう思う人が多いからこそ、次の車の購入店で下取りをお願いして、低い金額であっても妥協してしまう人がいらっしゃいます。

もちろん、下取りできちんとした評価による妥当な見積もりがもらえれば、それが一番お得な事だと思います。最も手間をかけずに最短で手続きを終えられることは、お金に換算出来ない時間を無駄に浪費することがなかったという事なので、下取りが絶対的に悪いと述べるつもりは全くありません。

ただ、購入店による下取りというのは、割引のあるスーパーでついで買いをするのと構造的に似ています。少したとえが乱暴であれば、好きなブランドが入っているショッピングモールへ寄ったついでに必要な買い物を済ませるのと似ています。それが最良の選択である可能性を否定できませんが、最良でない可能性の方が高いというのは理解して頂けると思います。

とは言っても、インターネット以前の時代ではディーラーで下取りをしてもらい、次の車に買い換える人がほとんどでしたし、中古業者が限られていたので、中古車買取会社に対する信頼感も薄かったのではないかと思います。しかし現在は競争が激しくなり、その競争の中できちんと信頼出来るサービスをする中古車買取専門店も登場していますので、きちんとした評価による適正な価格での買い取りを期待出来る環境が出来たといえます。

くわえてインターネットの登場によって次のようなメリットが生まれました。ひとつは情報の拡散によって、悪い業者の評判がすぐにわかるようになりましたので、信頼できない業者が減りつつあるという事です。従来であれば良い業者、悪い業者の評判が分かるまで時間がかかるものでした。

それは実際に体験した人が悪い業者だと言っても、口コミでしか伝わらないので、伝言ゲームのようにゆっくりと時間をかけて伝わっていきました。更に伝言ゲームなので、本当に必要な場合にしか正確に伝わりません。途中で情報が誤ったり改ざんされるのは仕方ありませんし、途中で伝言が止まることもあります。昔は人づてにしか評判が伝わらず、伝わった頃には悪い業者が逃げた後だった、というのは良くある話でした。

インターネットは情報が保存され、不特定多数が閲覧出来ますので、口コミサイトなどで悪い評判がないかを事前に確認することが出来るようになりました。

もう一つは情報の比較が瞬時に行えるようになったことです。これは車の一括査定をネット上で申し込むことが出来るようになり、自分の車の年式や走行距離を入力することで、どれくらいが相場なのかを調べる事も可能になりました。あるいはネット上で中古車販売価格を見ることも出来ますので、それらと比較して相場を把握することもできます。1軒ずつ電話して紙にメモしていた時代ではなく、ネット上で入力を完了させて、あとは電話や来訪を待つだけで済むようになりました。

そのため、現在では、下取りで任せるよりも、一括査定によって買取業者同士を競争させ、より高い査定をしてくれる会社を選ぶのが賢い売却方法といえるでしょう。仮に最終的に下取りへ出すつもりでも、査定価格を把握してから出すことで下取り価格の適正さもわかりますので、より好条件で交渉が出来るようになるでしょう。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4859