車の買取査定アップを応援

車を売るのに最適な季節は(上半期編)

車の査定にまつわる知識

スポンサーリンク

「思い立ったが吉日」という言葉がありますが、車を売る場合も「思い立ったが吉日」のように、車を売りたいと思ったときに売るのが良いのでしょうか? それとも季節によって売却価格は変動するのでしょうか?

結論からいえば、季節は関係あります。ボーナス商戦や入社・転勤の時期など、車を欲しいという人が多くなる時期にあわせて車を売った方が、需要と供給の関係に応じて査定額もアップする可能性が高くなるのです。

そのため、車を売ろうと思ってもすぐに売らず、時期を見極めて売った方がお得です。どの季節に売るのが一番良いか知識を得ておけば、その時期に行動することで高い査定額を得ることが可能です。

売るのにオススメの季節や時期を紹介していきます。

1月は少し待った方が良い?

1月は初売りやお年玉セールなど、年末に抱えた在庫を割り引きして吐き出す傾向があります。中古車を買うならこの季節がオススメですが、反対に売りたい場合は、在庫整理が落ち着いた中旬以降にするのが良いでしょう。在庫が余剰気味になっているので、積極的に買い取ろうとしません。回転の良い業者であれば比較的早く在庫がはけて、買い取り価格が高くなりますので、在庫量の見極めが大切です。

たいていの業者は在庫を抱えているので、買取額も落ち着きやすいです。少し待てるのであれば3月くらいまで待つのが確実でしょう。

2月~3月は最も買取価格が期待出来る

春先は人が移動する季節です。大学への入学や新しい会社への入社・転勤など、新しい環境へ移行する季節です。それに伴って引越をする人も多く、移動した先の環境によっては車が必要になったりすることもあり、自然と車を買いたいというニーズが高くなります。

車を買いたいという人が増える季節である反面、車を売りたいという人も増える季節です。これも先ほどと同じ理由で、引越を機に車を売却する人が多いのと、4月には自動車税の納付があるので、その前に売却してしまおうと考える人が増えるためです。

また、企業にとって3月の年度末は決算期にあたるため、売上げ確保のために積極的な買取をする業者も多いです。

そのため、車を売るのに最も適した時期は、2月~3月といえるでしょう。買取条件は良いですが、人気の車種や色の車であれば、さらに高い買取金額が期待出来ます。

4月はゴールデンウィークの需要が見込める

次にオススメなのは、その隣の4月です。引越などは3月までで終わらず、4月にずれこむ場合って結構ありますよね。あるいは優先的に片付けることが多くて、落ち着くのが4月であったり。春先という曖昧な表現をしているように、4月中旬まで引越の需要や不動産の需要は高いことが知られています。

また中古車といえど安い買い物ではないので、時間をかけて決める人が大半です。そうすると、中古車販売業者の方も需要が高い季節のうちに新しい商品を見せることで活気をアピールし、購買促進につなげたい訳です。たとえば1週間前から商品が全く変わっていない中古車屋さんがあったら、ちょっと敬遠してしまいますよね。全然売れてないの? と心配になりますよね。

そんな理由から4月に入っても買取の需要は高いのですが、さらに4月末から5月頭にかけて、ゴールデンウィークの需要があります。新車や中古車を買おうという人はこの季節までに欲しいと思う人も含まれるので、4月中旬まではかなり需要が高い季節といっていいでしょう。

5月~6月は様子見に限ります

ゴールデンウィークがある5月~6月は、業者がそれまでに抱えた在庫を吐き出さなければならないので、中古車市場は落ち着いてきます。この時期の買取価格はあまり期待出来ません。

もしこの時期に売ろうと考えている方がいたら、一度査定を出してみて、納得出来ない金額であれば保留にした方が良いです。出来れば他の時期に査定を出しておくと比較が出来るのでオススメです。

車を売るのに最適な季節は(下半期編)

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861