車の買取査定アップを応援

修復した事がないのに修復歴ありと査定された

車の査定にまつわる知識

スポンサーリンク

車買取の査定は、プロ対素人のやり取りという面もあり、様々なトラブルが起きやすいです。交渉次第で数十万円変わることもありますので、特に買取会社側や査定担当者のレベルで安く買い取るために色んな方法でアプローチを行います。

事故歴を黙っているとトラブルの原因に

もちろん常に買取会社に問題がある訳ではなく、売却する方に問題がある事もあります。たとえば過去に重大な事故を起こしていても黙っていたりする場合には、確実にトラブルになります。現場で分からない場合も多いですが、後日きちんと確認した段階で発覚し、減額などのトラブルになる事が多いです。

見に覚えのある修復歴なら仕方ないですが、身に覚えのない修復歴を指摘された場合にはちょっと注意が必要です。特に新車で購入した車の場合には、確実に言いがかりなので、対応が必要になってきます。

先に高値を提示し、あとで減額を交渉する悪質な会社

買取会社の中には一部悪質な会社や査定担当者が残念ながらいるようです。後々安く買い叩くため、最初に高い金額を提示しておいて、後から難癖をつけて減額しようとするケースがあります。そのときに「修復歴が見つかったので」というように言ってくる事があります。身に覚えのない修復歴というのはあり得ないので、まずこの段階で契約を一旦白紙に戻したほうが安全です。

このようなケースでは、契約書にキャンセル料の項目を設定している事が多く、キャンセル料が足かせになることを狙って減額交渉をしてきます。仮にキャンセル料の項目があっても、不当に高いキャンセル料の設定は認められない場合がほとんどなので、この時点で国民生活センターなどに問い合わせをして、アドバイスをもらったり間に入ってもらう事をおすすめします。
参考→ 中古車売買で起こったトラブル
参考→ 車の無料査定でトラブルになりやすい注意点

こじれると面倒になって泣き寝入りのように安く売却してしまうので、まずは深刻なトラブルになる前に相談をするべきです。弁護士の知り合いがいれば心強いですし、国民生活センターや一般社団法人の日本自動車購入協会にまずはご相談ください。

中古車で購入した場合は注意が必要

身に覚えがなくても、中古車を購入してその車が修復歴ありの場合には、減額は正当なものになります。しかし元々は中古車を販売した会社が、修復歴を隠して販売した事が原因なので、その場合は中古車販売店の告知義務違反になります。もし本当に告知義務違反で修復歴を隠していた場合は、事後減額要求を販売店に対して行ない、差額分を受け取ります。

身に覚えのない事でも、必ず冷静に対応する事です。必ず第三者を交えて問題解決にあたる方が、こじれる事も少なく、最短となります。中古車売買は結局のところ信用取引になりますので、お互いにきちんと対応することで気持ちよく愛車に別れを告げられると思います。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861