車の買取査定アップを応援

スズキのアルトを売却した場合の平均的な相場価格

車種別のお得な情報

スポンサーリンク

suzuki_alto_x_2-tone_backdoor_ha36s_front

Credit by Tokumeigakarinoaoshima

三菱自動車の不正燃費問題が発覚してから、飛び火するようにスズキも燃費計測の方法が問題と言われました。

ただスズキの方は、より消費者の生活実体に即した燃費計測を目的としたためで、不正にカタログ上の燃費向上を意図したものではありませんでした。その証拠に、利用者からはクレームではなく、カタログ上より燃費が良い、という報告がSNS上に相次ぎました。

不正な計測方法として取りざたされたのに、実際にはユーザーから称賛の声が上がった稀有なケースです。

スズキのアルトを売却した場合の平均的な相場を見ていきます。

アルトの平均下取り価格

ダイハツ アルト(下取り参考価格)
年式 2013年(H25)
グレード X(DBA-HA25S)
新車価格 105万円
買取参考価格 36万円

トヨタ下取り参考価格シミュレーション

ダイハツ アルト(下取り参考価格)
年式 2013年(H25)
グレード X(DBA-HA25S)
新車価格 105万円
買取参考価格 24.5~34.5万円

日産下取り参考価格シミュレーション

同じスズキでも、ワゴンRを売却した場合には新車価格の半値以上となる査定価格だったのに対し、アルトの場合には半値以下となってしまっています。人気車種でも売れ行きはワゴンRの方が絶対的に多いのと、2013年アルトの場合は2014年にモデルチェンジしていますので、1モデル古い型となります。そのため型落ちとして値下がりしてしまっています。

中古車として購入する場合に、型落ち車は狙い目ですが、売る側としては値下がりを覚悟しなければなりません。

アルトの買取参考価格

ダイハツ アルト(買取参考価格)
年式 2013年(H25)
グレード X(DBA-HA25S)
新車価格 105万円
買取参考価格 51.2~57万円

3万km走行で参考価格を調べてみましたが、こちらは下取り価格より大幅に高い参考買取価格となりました。モデルによって過走行車が多い場合、比較的程度の良い車は通常の相場より高く売れる場合があります。日常の足として、平日だけではなく土日も使われるような場合、1年1万kmを大きく上回る事もざらです。アルトがそのような対象かは分かりませんが、走行距離によって買い取り価格は大きく変わりますので、ご注意ください。

アルトについて

アルト初代
suzuki_alto_101

Credit by Tennen-Gas

スズキのアルトは1979年の発売以来、スズキを代表する軽自動車としてロングセラーを続けてきました。ワゴンRの登場以降は、ワゴンRの爆発的ヒットによりスズキの代表車の座を譲りましたが、販売台数が大幅に減少する事はなく、人気が安定しています。2015年度の販売台数では、わずかにワゴンRを上回りました。

ダイハツ・ミラとは長年のライバル関係であると紹介されますが、軽というよりはコンパクトカーに近いスタイルであり、販売台数は競っているものの、顧客層は被っていないのではないかと思います。

アルトシリーズ」と呼ばれる事もあるように、長年の歴史から多くの派生車種が誕生しています。知名度のある車種としては「アルトバン」「アルトワークス」「アルトラパン」などがあります。

販売台数は2013年度が109,198台、2014年度が117,031台、2015年度が106,852台となっています。

現行モデルは8代目となり、2014年12月から販売開始となっています。初代アルトの商品力を念頭に開発された8代目モデルは、歴代最高の37.0km/Lという燃費の達成や、650kgという軽車重により、実用はもちろん走りを楽しみたい人にも満足されるような設計になっています。

伝統的に女性に人気なのがアルトの特徴で、特にラパンなどはその傾向が強かったのですが、販売戦略の見直しにより、現行モデルでは男女ともに受け入れられるデザインへとシフトしています。

7代目となる前モデルでも35.0km/Lという低燃費を実現していますので、中古車市場でも安定して人気のある車種です。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861