車の買取査定アップを応援

高級車の買取は会社によって差が生まれやすい

車の査定にまつわる知識

スポンサーリンク

高級車とひとくちに言っても、人によって高級車の定義は異なると思います。500万円くらいから高級車と思う場合もあれば、1000万円を超えたら高級車と思う方もいます。あるいは価格ではなくデザインやブランドによって高級車を定義する方もいます。

高級車が高額な車なのは当然ですが、高額な車なだけに、買取査定では査定金額の開きも大きくなります。高級車でも評価基準はだいたい同じだろうから査定金額も似てくるんじゃないのと思うかもしれませんが、査定金額を決めるのは評価額だけではありません。

在庫リスクのコスト

買取会社が買取を行うのは、当然ですが販売するためです。なるべく安く買って高く売るというのが、中古車販売の基本です。まず自社流通の場合だと、在庫として抱えますが、この在庫期間が長くなればなるほどコストがかかってきます。ずらっと展示してある車の中から、乗りたい車を選ぶ楽しさは魅力的ですが、店舗にしてみれば、展示車は商品であると同時に在庫であり、売れ残りです。

高級車というのは乗っている人が少ないので、買う人も限られる。つまり在庫となる可能性が非常に高い車です。また在庫期間が長くなることによって相場変動の影響や価値が少しずつ減少していくので、在庫期間が長くなることは店舗にとってリスクになります。そのため、自社流通で買取をしている会社は、高級車になると在庫リスクが高くなりますので、その分を組み込んだ査定価格になりやすいです。

買取専門店でも在庫リスクの可能性がある

オートオークションに直接卸す買取専門会社の場合は、在庫リスクを受けないと思われがちですが、中古車オークションで売れないというリスクがあります。買取専門店は、オートオークションでの価格情報に即した買取額を提示する特徴があります。言い換えればオートオークションで確実に売却できる見込みの金額で買い取るから、在庫リスクが低いのです。ほぼ確実にオートオークションで販売できるという自信があるから買い取ります。

これが高級車になると、高級車を買取る会社が限られますし、高級車を扱う中古車販売店で在庫を持っていない場合に限られます。知名度の高い高級車であれば販売台数もあるので、他の高級車よりかは売りやすくなりますが、1000万円超えで、知ってる人は知ってるけど…というような車の場合は、販売見込みが計算しづらい分、価格が付けづらいといえます。

単価が高い分、在庫リスクを含んだ査定額もブレが大きくなる

買取専門店も中古車販売店も、上記で説明したような背景を持っているため、査定額もバラバラになります。各会社によってどれだけ在庫リスクを見積もるかで異なりますし、高級車の場合は単価が高いので金額のブレも大きくなります。1日あたりの在庫リスクを金額で換算した場合に、200万円の車と1000万円の車では5倍の差が生じます。この価格差がそのまま見積もりのブレによる差となって表れます。

高級車専門店の場合は、高級車を期待して訪れるお客さんが多いので、少し期待できます。というのも、お客さんの中には特定の車を探している人もいますので、そういう人は入荷したら教えてとあらかじめ店員に伝えていたりします。このように見込み顧客を抱えていれば、該当車が持ち込まれても確実に売却できる見込みがありますので、積極的に買取ってくれます。

また大手買取店であれば販売ネットワークも充実し資本もありますので、仮に在庫リスクを抱えても問題ない体制を備えています。もし高級車を売却したい場合は、高級車専門店か大手買取店に依頼するのが確実と言えそうです。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861