車の買取査定アップを応援

トヨタブランドの安心感「T-UP」

車買取会社の比較

スポンサーリンク

Credit by netz-nara.com

T-UPの会社情報
運営会社 トヨタ自動車株式会社
本社所在地 愛知県豊田市トヨタ町一番地
サービス開始 2000年4月
資本金 3970億4900万円(2016年3月期)
売上高 28兆4031億円(2016年3月)
従業員数 33万8875人(2014年3月)
店舗数 1300店舗以上
買取台数 年間約7万2千台(2015年度実績)
買取対応エリア 全国
オンライン査定 無料
出張査定料 無料
買取証明書の有無 あり
名義変更手続き代行 あり
アピールポイント トヨタブランドの安心と信頼感

トヨタ自動車の中古車買取ブランドである「T-UP」は、2000年から開始され、猛烈な勢いで中古車買取市場のシェアを伸ばしています。運営はトヨタ自動車の中古車部門が担当しています。

中古車事業に対しては後手を踏んだトヨタ

自動車新車販売の製造会社、ディーラーとしては圧倒的なシェアを国内・海外に持つトヨタ自動車ですが、T-UPブランドの設立以前は中古車事業に対し積極的ではありませんでした

中古車の歴史で触れましたが、従来は下取りとして売却された車の受け口として中古車販売会社が存在していたのが、直接一般ユーザーから車を買い取るように変わり、1993年頃には新車市場を上回る程に成長しました。その結果、新車販売は伸び悩み、中古車売買に需要が移行していきました。

中古車事業を販売・買取の両面から強化

このような状況に対して、トヨタ自動車でも徐々に対策を強化していきました。オートオークションは従来トヨタ販売店限定で行っていましたが、これを一般事業者にも開放しました。また中古車販売も展示をトヨタ車以外にも拡大するなどして、シェアを獲得するための施策を実行していきました。

その後に生まれたのがT-UPです。そのため、当初から買取対象はトヨタ車に限定せず、他メーカーの車でも変わらぬ基準で査定と買取を行っていました。T-UPの名称は、「Toyota Usedcar Purchase」の略で、そのままトヨタ中古車買取を意味します。

トヨタブランドの安心感を全面に

T-UPの公式サイトでは「たちつてトヨタのお約束」として、項目ごとに約束事項を明記しています。それぞれ「たしかな金額説明」「ちゃんと個人情報管理」「つたえる入金日」「ていねいな書面契約」をお約束しますという内容です。入金日などは、売却したのに入金がされない不安を軽減させるためで、事前に不安を抱えるであろう内容について、トヨタブランドの安心感を全面に出しています。

前述した通り、現在のシェアとしては後塵を拝する形となっていますが、新車販売のシェアは世界規模で拡大を続けていますので、いずれ中古車業界もトップに立つ可能性があります。現在猛烈に巻き返し中であり、そのため買取査定で他店より高い査定を出してもらえる可能性があります。

シェアを考慮してガリバーとの相見積もりが効果的

買取業界のトップがガリバーであることはみんな知っている事ですが、買取査定においては、例えば先にガリバーに出張査定してもらい、金額を出してもらった上でT-UPと交渉する方法があります。もし上回る金額を出してもらえなかったとしても、ガリバーの査定時にT-UPにも査定してもらう予定と伝えておけば、ガリバー側も考慮しなければならなくなります。複数の会社に対して見積もりを依頼する時は、どちらかが査定をアップしてくれるように交渉すべきです。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861