車の買取査定アップを応援

車の買取額は地域で異なりますか?

車を買い換える時の疑問

スポンサーリンク

人口が集中するのは首都圏や大都市近郊が中心になりますが、実際には日本全国に散らばっていて、当然車が無ければ生活できないような場所があったり、あるいは船を使わないと仕事が出来ないような場所もあります。

最近のライフスタイルの変化によって都市部を中心に車を持たない人も増えてきましたが、まだまだ車社会の地域も多いので、車が必要なくなるという事は無さそうです。

車の査定額は地域によって異なるのでしょうか? 同じ車なら一緒と思いがちですが、実は地域によって査定額は異なります。なぜ違いが発生するのかをこれから説明していきます。

地域によって人気の車種は違う

査定額が地域によって異なる理由として、まずは地域によって人気の車種が異なるためです。寒い地域だと寒冷地仕様といって、新車購入時にバッテリーなどの容量をアップするのが当たり前ですが、仮に寒冷地仕様で無い車を北海道や東北地方で売ろうと思っても売れません。また雪が多い地域なので、雪に強い4WD車の方が人気です。

高級車は富裕層の多い大都市圏を中心に売れていきます。そのため大都市圏では高級車専門の中古車販売店もあります。人気の車種が異なるということは、需要が異なりますので当然買取額にも差が出てきます。

買取会社が多い地域ほど、競争によって高く査定される

他に、買取会社の数の違いによる影響もあります。車に乗る人口が多い地域ほど、買取・販売会社は多くなりますので、必然的に競争が発生します。売りやすい車を査定するときに、競争が発生していれば他社に売られる前にうちが引き取りたいという思いで、査定額がアップします。一括査定であればなおさらです。

また先ほど高級車専門の中古車販売店があるという話しをしましたが、専門店の方が高く買いとってくれる確率が高くなります。軽自動車専門店、スポーツカー専門店、クラシックカー専門店など、一定の需要があるタイプごとにまとめて専門店があり、そのタイプが欲しいお客さんは多少遠くても来店しますので、在庫を揃えるために査定がつきやすくなります。ただ人口の少ない地域では当然専門店も少なくなりますので、やはり大都市近郊に偏ってしまいます。

大手買取会社の定期的な強化キャンペーン

あと、地域にある中小会社と全国規模の大手会社を比較した場合に、大手会社の場合は全体の在庫量で判断しますので、たとえばミニバンの在庫を増やしたい場合はミニバンの買取を強化し、買取額がアップします。定期的に強化月間のような名目で買取キャンペーンを行うのが大手の特徴です。中小企業の場合は回転率重視になりますので、厳しめに査定されることが多いかもしれません。ただ地域の需要を反映しているので、その地域で人気の車種なら大手に負けない査定額を提案してきます。

持ち込みによる買取だとその地域の値段になりますが、一括査定や大手買取店、オークションを利用すれば全国で売れますので、それほど地域差は気にしなくても大丈夫です。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861