車の買取査定アップを応援

中古車販売店と買取専門店の違いを理解して、車を高く売る

車を売却するには

スポンサーリンク

様々な理由によって手放すことを決めた車は、一番高く買い取ってくれる会社に売るのが理想です。高く買い取ってもらうには交渉能力の差も影響ありますが、車の状態や種類によって最適な販売相手が異なりますので、販売相手を選びだけでも買取価格がアップする確率を高めることが出来ます。

ひとくちに中古車売却といっても、いくつかの種類があります。

中古車販売店と買取専門店の販売相手の違い

ロードサイドなどでよく見かけるのが、中古車販売店で、地元企業が営業しているものから、メーカー営業の販売店、全国展開している企業まで様々です。中古車販売店が中古車を買取り、買い取った車を店頭に並べるので、ビジネスモデルも理解しやすいです。

一方、業者間のみで行われる中古車オークションが定期的に開催されており、中古車オークションへ転売する事を目的としているのが買取専門店と呼ばれる会社です。ガリバー、アップルなどが代表的で、買い取った車をすぐにオークションへ出品する事で在庫リスクを抑えています。

買取専門店と中古車販売店のどちらに売った方が高く売れるか、というのはよく議題になりますが、中古車が使用済みのものである事を考えれば、一概にどちらが良いとは言い切れません。ただ車の特徴や状態によっては、どちらに売った方が良いと言うことは出来ます。
目次へ戻る

中古車販売店の特徴

中古車販売店の特徴は、一般の方から購入して一般の方に販売する事です。つまり販売店側だけがプロで、買い取る相手も売る相手も素人です。一昔前の質が悪い中古車販売店では、この情報格差を利用して安く買い叩き、高く販売していました。今では買取専門店の存在やネットの発達によりほとんど姿を消しましたが、局所的にはまだ名残があり、大手中古車販売店でも不利な取引をさせられる事があります

また、ある程度の期間、売れるまで店頭に並べるのも特徴です。スーパーなどと同様に、様々な種類の自動車から、好みのものを選んで購入してもらうため、価格帯も種類も幅広く揃えるのが理想的です。

中古車販売店のポイントをまとめます。

・販売相手が素人
・買い取る車は幅広い

目次へ戻る

買取専門店の特徴

次に買取専門店の特徴を見ていきます。

買取専門店の特徴は、オークションへの転売を目的とする事です。オークションに参加するのは業者のみなので、プロ相手に販売します。セールストークなどで欠点を隠したりする余地はなく、書類と現物をもとに淡々と取り引きされます。

オークションの場合はこのような出品票(出品表)を参考にして、相場や人気などから値段を割り出し、購入金額を伝えます。

image83
PROXY AUTO 出品表サンプル

出品票は中古車買取の査定票のようなものですが、プロ同士のやり取りになるので、社内向けの査定票といった専門的な内容になります。

大まかに評価点でランク付けをし、外装キズ箇所、内装評価、装備、事故歴などが記載されてますので、これをもとに適正価格をはじき出してオークションに参加します。評価点は状態を含めた総合評価なので、この数字が大きければ大きいほど良い車となります。オークション会場の検査官が評価しますので、第三者による客観的な評価になります

オークション取引の特徴は、人気の車は競争になりやすいという事です。人気車というのは多少高くても売れますし、多少状態が悪くても売れます。人気車については以下の記事にまとめましたので参照してください。
参考→ 人気車の方が高く売りやすい

反対にマニア向けの車であったり、不人気色、状態の良くない車、過年式・多走行のいわゆる古い車は売りづらいので、オークションでも入札がつきづらくなります。誰も入札がなければ主取りといって出品者が引き取る形になりますが、そうなると出品費の分だけ無駄になり、次回出品時はその分も上乗せして売らなければならなくなります。売りづらい車は出品者側がリスクを抱えるという事です。出品者側には買取専門店が含まれます。

買取専門店のポイントをまとめると、以下になります。

・販売相手がプロ
・買い取る車は人気車が好ましい

中古車販売店と買取専門店の違いを絞って見てみると、対照的な結果になりました。特徴がこれだけ違うので、どんな車でもこっちの方が高く買い取ってくれる、というのは無理があります。売る車に応じて、どちらに売った方が良いかが違います。
目次へ戻る

買取専門店へ売った方が良い車

買取専門店へ売った方が良い車は、

・外装、内装ともにキズがほぼ無い
・車種ごとの人気色に該当する
・低年式、走行距離も少ない

車が対象になります。人気色については、以下記事を参照してください。
参考→ ボディカラーの違いによる買取価格の差
加えて、中古車市場で人気の車種なら完璧です

可能な限り、中古車における理想の条件が並んでいますので、正直どこに売ってもお金になります。査定担当者が目の色を変えて欲しがる車です。

どこへ売っても良いからこそ、一番高くなる可能性がある相手に売る事が大切なのです。中古車販売店では、売値の範囲内が想定されますので、想定を超えて買取する事は絶対にありません。一方でオークションというにはセリに勝たなければならないので、時として想定以上の金額になります。出品者側はオークションで高く売れる車を求めて買取査定を行いますので、売れる条件が揃っている車であれば、中古車販売店より高い査定額を出すことが出来ます。

こういった人気車ほど、一括査定を利用すべきです。強化キャンペーンや在庫不足で欲しがってる場合などは、相場を超えた査定額を提示する事もあります。無理をしてでも高い査定額を出すのは、他社との競争があるためで、一社だけを相手にした場合は、全力で安く買おうとしてきます。

全ての条件が揃っていなくても、状態の良さというのはどんな車でも「売りやすい車」です。車の最大の機能が「走ること」なので、どんな車でも新車に近い状態の車は評価されます。状態の良い車は、買取専門店に売却する方が高く売れる可能性があります
目次へ戻る

中古車販売店に売った方が良い車

一方で中古車販売店の方は、欲しい車に幅がありますので、「そこそこ人気」の車や「新車価格は高いけど中古車になると価格の落ちる車」などを求めています。中古車販売店は在庫期間が長いので、すぐに売れる車も当然欲しい車ですが、店頭展示用としてお得感を出せる車も必要とします。

店頭展示で販売するので、一定の在庫数が必要です。スーパーなどと同様、たくさんの商品を並べて選んでもらうのが中古車販売店の基本です。在庫が偏っていたりするのは望ましくなく、特定の車種・タイプが不足している、価格帯の安い車、あるいは高い車が不足している場合は、優先的に買取を行います。

最近は全国チェーンの中古車販売店も増えてきてますので、もし人気車種以外の車を売りたい場合には、地域系の中古車販売店が狙い目になります。ご近所であれば仲良くなっておくと、強化キャンペーンの情報や、他の販売店を紹介してくれる事があります。
目次へ戻る

高く売る事が最終目的です

基本的には、買取専門店の方が査定はシビアです。卸売りでプロ相手に売る場合は、適正価格の範囲を超えれば売ることが出来ません。そのため、どの車も買取専門店の方が正確な査定額になりやすいです。

でも、求めているのは適正な価格で売ることではなく、高く売ることです。

一括査定によって業者間で競争させる事が前提ですが、人気車種以外は中古車販売店に売却した方が高くなる可能性があります。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4859