車の買取査定アップを応援

車の買い換えタイミングと税金の関係

車を売却するには

スポンサーリンク

中古車を購入した場合にはあまり関係がありませんが、新車で購入した場合は、買い換えるタイミングによって売却金額が全然違ってきます。走行距離の他に年数も関係します。多くの人は車検を一つのタイミングとするでしょう。新車購入から3年目に初回車検があり、以後2年ごとに車検があります。

なので、主に買い換えタイミングといえば、新車購入から3年、あるいは5年というのが主要なタイミングになります。走行距離は平均で年間1万kmなので、これ未満であればほぼ相場通りの価格がつくと思います。

新車購入から3年以内、3万km未満が最も値段がつく

中古車買取店に査定を依頼した場合、高値がつきやすいのは3年以内で走行距離が3万km未満の車です。当然新しければ新しいほど良いですし、走行距離が少なければ少ないほど値段はつきます。前述のように車検に通すのが一つのタイミングなので、「車検前に売却したい」という方がほとんどでしょう。そのため、実際に中古車で販売される車も走行距離ではなく年数で3年付近の車が多くなります。

ただ程度が良くても、新車価格から考えればあまり値段はつきません。買い取り価格が新車価格の半額くらいという場合もあります。何故そうなるかといえば、新車価格に近い値段で中古車販売をしても売れないからです。3年落ちの車と新車で50万円くらいしか変わらなかったら、新車の方が得かなと考えてしまいますよね。売れやすい金額で販売するために、どうしても値段を下げざるを得ないのです。

車検の金額

ここで車検の金額について確認しておきます。車検とは自動車検査登録制度の略称で、一定期間ごとに保安基準に適合しているかを確認し、検査に合格した車を登録する制度のことをいいます。廃車の場合も登録状態が変更になるので「永久抹消登録」を行います。

車検の内訳は以下のようになっています。

・法定費用(自賠責保険料・重量税・印紙代)
・車検基本料(整備費用等)

法定費用というのは必ず発生するので、全国どこの場所であろうと変わりありません。だいたいどれくらいかかるのかといえば…

小型自動車(ヴィッツやフィットなど1トン以下)の場合で、自賠責保険が27,840円、重量税が24,600円、印紙代が1,100円
中型自動車(カローラやキューブなど1.5トン以下)の場合で、自賠責保険が27,840円、重量税が36,900円、印紙代が1,100円になります。
ただ、エコカー減税によって大きく金額は異なります。たとえばプリウスの一部車種だと100%減税(重量税無し)になったりします。反対に登録から13年を超えた車に対しては15%の増税がなされます。税制については年度毎で変動することがありますので、最新の税率を必ずご自分でご確認ください。

対して、車検基本料と呼ばれているものは、ディーラーなどに依頼する場合の費用となります。自分で行うユーザー車検の場合は作業料がありませんので、原則0円となります。ただ整備する項目がない場合に限りますので、整備の必要なパーツが発生した場合などは実費が発生し、業者に依頼する場合は作業料が発生します。

車種によりますが、ディーラーに依頼した場合は法定費用+4万~というのが大まかな車検費用になります。

以前にも解説しましたが、車検を通してから買取査定をするのと、車検前にするのとでは、車検前に売却した方が得です。そのため、乗り換えをするなら車検前にというのは合理的な判断であるといえます。

車の乗り換えは経済的?

車を乗り換えたいと思う方は、たとえば新しい車に乗ってみたい、家族が増えたので車を変えたい、燃費のいい車に乗りたいなど様々ですが、乗り換えた方が得なのかというのは迷うところだと思います。

結論からいえば、壊れるまでずっと乗り続ける方が得です。あるいは増税となる13年目まで乗るのが経済的といえます。同じ年数で買い換えと維持を比較した場合、よほど大きな故障がない限りは維持の方が費用としては低く済みます。車検前に売却して乗り換えても、その後車検がありますし、乗り換え費用より車検費用の方が高いということはほとんどありません。

エコカー減税など優遇措置は魅力

日本車に乗っている方であれば特に、故障するリスクが低いので長期間乗り続けるのが得といえます。ただし、最近はハイブリッド自動車や電気自動車が発売されていますが、燃費が良いだけではなく、グリーン化税制による優遇を受けられますので、少し高くても買おうとする方が多いようです。先ほど少し触れましたが、重量税100%免税であったり、自動車税も購入時は免税、翌年度は50%減税と様々な場面で優遇措置を受けられます。行政主体となって環境に良い車への乗り換えを推進している状態なので、今乗り換えを行えば税制面での優遇を受けられるという訳です。

ただ経済的な面だけではなく、使用用途や趣味性など、色んな方面から必要な車を考えることで、より理想的なカーライフを送れると思いますので、特に車を買い換える際は焦らずゆっくりと検討するのが一番だと思います。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4859