車の買取査定アップを応援

車を個人売買するメリットとデメリット

車を売却するには

スポンサーリンク

インターネットが発達したことによって便利になったことはたくさんありますが、ネットを通して売買できるようになった事も大きな変化でしょう。個人同士で車を売買するケースも増えてきました。オークション売買であれば一部手数料がかかりますが、仲介手数料などが発生しないため売る方も買う方も最大限の利益を得られます。反面、顔が見えない相手との取引であるため、どうしてもトラブルのリスクは残りますので、その点が不安な方も多いでしょう。

個人売買のメリットとデメリット、それから注意すべきポイントをまとめていきます。

個人売買のメリット

個人売買の最大のメリットは、中古車販売店やディーラーで買うよりも安く手に入れられる点でしょう。手数料が発生しないだけではなく、様々な人が売り手として参加するので、ほぼ同じ車であっても価格に大きく差が出ることもあります。これは売り手がプロではないために起きることで、知識レベルも人それぞれなので、相場価格より凄く高い値段で売ろうとする人もいれば、反対に凄い安い値段で売ってもいいとする人もいます。

たとえば凄く高い値段で出品したけど、全く買い手があらわれず、手放す期限が近づいてることもあって、思い切り値下げする事があります。そういう人の場合は、車の価値が変わらないのに、値段が倍近く変わるという事もあります。

また、あまり市場に出回らない稀少車に巡り会えることもあります。あるいは不人気だけど熱狂的に愛着を持てる車に出会えることもあります。中古車販売店だと値が付かないと思ってオークションなどに出品してくることがありますので、掘り出し物を見つけるかのようにお宝に出会えることがあるかもしれません。

またネットを介さなくても知り合いから買う、サークル仲間から買う場合も個人売買にあたります。

個人売買のデメリット

個人売買のメリットは「高く売れる」「安く買える」「レア車が見つかるかも」とお得にみえますが、デメリットも多いです。

最大のデメリットは信用不安、つまり取引相手が信用できないことです。書類手続きなど必要な受け渡し作業を協力してくれるかどうかの問題や、車体に問題があった場合の対応、引き渡し時に突然の変更、お金を振り込んだ直後から連絡不通、などきちんと引き渡されるまで気が抜けない場合がほとんどです。

性善説にたてば、悪い人の方が少ないし、信用して取引をした方が得だという気持ちも分かりますが、特にインターネットを介した取引の場合は、初対面となることがほとんどなので、相手が信用できるかどうかを見極めるのは容易ではありません。仲睦まじくみえる夫婦でさえ離婚するものですから、相手の見極めというのは本当に難しい問題です。

インターネットオークションではそういったトラブルが後を絶ちませんが、知り合いから買う場合でも注意が必要です。知り合いや友達が嘘をつくという事ではなく、反対に関係の深さがある故に、品質について適当になったりします。たとえば車体に隠れた傷があっても黙っていたり、それを指摘すると大目に見てと甘えてきたり、パーツ込みの約束だったはずがいつの間にかパーツ抜きに変わっていたりと、契約の意識が薄くなるために、きちんとした取引にならないことが多くあります。

また名義変更などの手続きも全て自分で行わなければなりません。初めて行う場合は、何から行えば良いかすら戸惑うことでしょう。結構面倒くさいです。これは買う側だけでなく売る側も同様です。

車の状態にしても同様で、中古車販売店から購入する場合は、きちんと動作することが保証され、問題がある箇所があれば明記され、保証もつきます。しかし個人売買の場合は保証がないので、見た目だけよくて整備不良という可能性もあります。特に安全の大事な車なので、整備に不安がある車というのは、車検による検査があるとはいえ、リスクが高いです。

総合的には、中古車買取店の方が安心

総合的に考えると、価格は魅力的ですが、人と商品の見極めが必要なことや、手続きを行うことなど、ある程度の専門性が求められます。もちろんそういったリスクを込みで購入するのも構いませんが、安物買いの銭失いとならないように充分な注意が必要です。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861