車の買取査定アップを応援

ガリバーとビッグモーターの比較・違いをまとめてみました

車買取会社の比較

スポンサーリンク

gulliver-bigmotor

創業以来、「車買取専門店」という新しいジャンルを開拓してきたガリバー。一方、関西以西で地力をつけながら、「総合中古車店」として国内最大級の会社に発展したビッグモーター。中古車買取業界のNo.1を争っている2つの会社ですが、どちらに売った方が良いのかは悩むところだと思います。会社規模や評判などを比較してみました。

最初に、それぞれの会社の中古車業界における力を各データなどで視覚化してみたいと思います。

全国店舗数比較

全国店舗数比較
ガリバー ビッグモーター
全国 500店 230店
北海道・東北地方
ガリバー ビッグモーター
合計 69店 7店
北海道 23店 0店
青森 4店 0店
岩手 7店 0店
宮城 10店 7店
秋田 5店 0店
山形 7店 1店
福島 13店 0店
関東地方
ガリバー ビッグモーター
合計 158店 67店
茨城 14店 7店
栃木 11店 4店
群馬 11店 3店
埼玉 27店 14店
千葉 34店 12店
東京 31店 17店
神奈川 30店 17店
中部地方
ガリバー ビッグモーター
合計 113店 59店
新潟 7店 3店
富山 5店 1店
石川 5店 3店
福井 3店 2店
山梨 3店 1店
長野 6店 2店
岐阜 12店 4店
静岡 26店 14店
愛知 36店 21店
三重 10店 8店
関西地方
ガリバー ビッグモーター
合計 68店 41店
滋賀 8店 3店
京都 10店 4店
大阪 24店 19店
兵庫 19店 11店
奈良 2店 2店
和歌山 5店 2店
中国・四国地方
ガリバー ビッグモーター
合計 40店 27店
鳥取 4店 1店
島根 1店 0店
岡山 5店 4店
広島 5店 3店
山口 8店 8店
徳島 4店 2店
香川 6店 4店
愛媛 4店 4店
高知 3店 1店
九州・沖縄地方
ガリバー ビッグモーター
合計 52店 29店
福岡 17店 14店
佐賀 3店 3店
長崎 5店 2店
熊本 6店 4店
大分 3店 3店
宮崎 9店 2店
鹿児島 5店 1店
沖縄 4店 0店

※ガリバーは系列店(LIBERALA等)を含む
※オープン予定を含む。各社HPから調査(2016/11)

ガリバーの方が発足は早いので当然の結果といえますが、ガリバーが500店に対し、ビッグモーターが230店と、店舗数に倍以上の開きがありました。ビッグモーターも相当のペースで出店を増やしていますが、業界のパイオニアたるガリバーの方に一日の長がありますね。

中古車の買取力

中古車の買取台数を比較してみます。本来、年度別に比較したいところですが、ビッグモーターは非上場企業のため、各種数値が非公表になっています。そのため、オフィシャルHPなどで公表した概算数値を参考として、比較を行います。

ガリバー(IDOM)については、IR資料として公表しており、「ガリバーで売却する場合の注意点」の記事でも引用を行いました。一応再掲します。

ガリバー販売・買取台数
区分 販売台数 買取台数
2014年決算期 159,316台 178,769台
2015年決算期 158,375台 168,968台
2016年決算期 180,996台 189,675台

数値はシェアードリサーチのIDOM(7599)レポートから

ガリバーは買取台数の方が多く、年間17万~19万台、販売は16万~18万台といった感じです。2016年に大きく数値を伸ばしており、業績拡大中です。

ビッグモーターの買取台数は、2015年度で13万台、販売台数は7.1万台とされています。ただ最新のオフィシャルサイトでは、年間15万台の買取実績としており、ガリバーと同様、業績拡大中の様子です。

販売台数は7万3千台と公表しており、日本一をアピールしています。先ほどのガリバーの販売台数は16万台以上なのですが、単体企業としての販売台数なのか、どのような算出基準かは不明です。オフィシャルHPの表現を信用すれば、買取はガリバー、販売はビッグモーターが日本一となります。

実質的に、この上位2社によって、中古車市場が争われている状態です。

外部評価サイトによる比較

車買取会社を利用した方のアンケートを集計し公表している事で有名なのが、オリコンの車買取会社ランキングです。こちらの評価でガリバーとビッグモーターを比較してみます。

ガリバーとビッグモーターの評価結果
区分 ガリバー ビッグモーター
総合 8位 7位
売却手続き 7位 8位
担当者の接客力 7位 8位
見積り・査定 8位 7位
アフターサービス 9位 7位
国産車 9位 7位
輸入車 6位 7位

※2016年10月更新、7,342名の集計結果

先ほどの販売力・買取力とは裏腹に、実際に利用した方の評価は両社ともに低めです。調査企業数は23社となっていますが、実際に大手と呼ばれる会社の中では最下位に近い順位となっています。この両社に共通しているのは、実店舗が多い事と、ラジオCMなど広告が多く、知名度が高い事です。

その結果、インターネット経由での申込みよりも実店舗へ飛び込みで査定を依頼し、そのまま売却や購入をするお客さんが多いのではないかと推定します。そのため、販売力・買取力は高いがお客さんからの評価は低めという結果になるのではないかと思います。

アフターサービス、国産車の項目ではビッグモーターがガリバーを上回っていますが、これは総合中古車店舗としての強みが発揮された結果ではないかと思います。ビッグモーターは大型店舗を構えていますので、販売、整備を含めたワンストップサービスを標榜しています。ビッグモーターで買った車をビッグモーターで直し、車検し、売るという循環を理想としていますし、そのための様々なキャンペーンを行っています。

広告費用

頻繁にラジオを聞く方であれば、車買取一括査定やガリバー、ビッグモーターのラジオCMを聞いた事があると思います。特にガリバーとビッグモーターのラジオCMは年間を通して多く放送されているので、耳につく、場合によっては鬱陶しいと思う方がいるようです。

http://potato.2ch.net/test/read.cgi/am/1445957973/

ただ好感度は別として、多く広告費用をかける事でより多くの人が企業を知る事になるので、結果として来店数が増えて売上げがあがります。そのため、会社評価のひとつとして、広告費は参考になるかと思います。

ビッグモーターは非上場企業ですが、ハナテンを買収したため、2015年9月期の決算についてはIR資料として公表されています。ガリバーのIR資料も広告費単独では無く、「販売費及び一般管理費」項目となりますが、広告費の指標参考となるため、こちらの科目で比較してみます。

ガリバーとビッグモーターの販売費及び一般管理費比較
区分 ガリバー ビッグモーター
2015年期 29,460 18,394

※単位は百万円
※ガリバーは2015年2月期決算短信から(ガリバー決算短信ページ
※ビッグモーターは2015年9月期決算から(PDF

ガリバーが約294億円、ビッグモーターが約184億円となっています。一般管理費には役員の人件費なども含むので、実際の広告費比較というには難しいですが……企業規模の参考にはなるかと思います。やはりガリバーは大きいですが、ビッグモーターも大手と呼ぶのに相応しい金額規模だと思います。

ガリバーの場合は有価証券報告書にて、広告宣伝費の報告を行っています。直近5年分をまとめてみました。

ガリバーの広告宣伝費
区分 広告宣伝費
2012年2月期 3,685
2013年2月期 3,733
2014年2月期 5,170
2015年2月期 4,954
2016年2月期 5,789

※単位は百万円
※ガリバーのIR資料から(有価証券報告書

最新の2016年2月期資料で、約58億円の広告費となっています。この数字は上場企業の中でも多い方になります。
東洋経済ONLINEの記事にて、2014年5月~2015年4月期の上場企業920社を対象に、広告費を調べたデータを公表しています。それによると、ガリバーインターナショナル(現IDOM)は148位にランクインしています。
付近のランクインした企業では、マクドナルドやWOWOWなどが並んでいます。

実際の買取査定事例を紹介

色々と企業データを並べてみましたが、知りたいのは実際に買取査定を出した人の査定結果ですよね。カービューの運営するみんカラでは、実際に買取査定を依頼したユーザーの投稿を確認出来ます。
その中で、ガリバーとビッグモーターだけに依頼した方の投稿を抜粋してみました。

※投稿では、査定額を出した会社は特定されないようになっています。そのため、どちらが高い査定額を出したかは不明となります。

スズキ ワゴンRの買い取り査定額
年式 2009年(H21)
走行距離 8万~8万5千km
査定額1 50万円
査定額2 50万円

https://kaitori.carview.co.jp/souba/toyota/prius/e30370/p1/0/0/0/9/1/

スズキ ワゴンRの買い取り査定額
年式 2005年(H17)
走行距離 10万~10万5千km
査定額1 7万円
査定額2 1万円

https://kaitori.carview.co.jp/souba/suzuki/wagon_r/e30467/p1/0/0/0/9/1/

ホンダ フィットの買い取り査定額
年式 2009年(H21)
走行距離 6万5千~7万km
査定額1 30万円
査定額2 提示無し

https://kaitori.carview.co.jp/souba/honda/fit/e28609/p5/0/0/0/9/1/

日産 セレナの買い取り査定額
年式 2008年(H20)
走行距離 6万~6万5千km
査定額1 60万円
査定額2 50万円

https://kaitori.carview.co.jp/souba/nissan/serena/e28198/p4/0/0/0/9/1/

ダイハツ ムーヴの買い取り査定額
年式 2009年(H21)
走行距離 5万~5万5千km
査定額1 23万円
査定額2 10万円

https://kaitori.carview.co.jp/souba/daihatsu/move/e26285/p4/0/0/0/9/1/

トヨタ ノアの買い取り査定額
年式 2009年(H21)
走行距離 13万~13万5千km
査定額1 45万円
査定額2 32万円

https://kaitori.carview.co.jp/souba/toyota/noah/e30472/p1/0/0/0/9/1/

ガリバーとビッグモーターの比較のため、2社のみで査定を出した投稿のみを抜粋しましたが、数社競合の中でガリバーやビッグモーターが一番高い査定額を出したであろう投稿も、もちろんあります。どちらが高い査定額を出したかは不明ですが、投稿者が買取店を評価しているので、そこから推測は可能かと思います。

人気車の場合は特にそうですが、2社だけに査定依頼を出した場合は、あまり高い査定額を期待出来ません。値段のつきそうな人気車ほど、複数の買取会社に査定を依頼した方が得になります。何故人気車ほど一括査定を利用した方が良いかについては、以下の記事にまとめています。
参考: 一括査定に申し込んだらどれくらい電話がかかってくるか不安

また、輸入車の場合はカーチスなど、輸入車に強い(イメージを持つ)会社に査定を依頼した方が良いかもしれません。ガリバーの場合は輸入車専門の店舗を展開中なので、候補に含めて良いと思います。

乗り換えといえば下取りの印象を強く持っている方が、まだ多くいますが、車の売却と、車の購入は全く別のプロセスです。下取りだと融通が効きやすいと思っている方も多いと思いますが、ほとんどの場合、(一番高い査定額を提示した)別の会社に売却して、中古車を購入するのが一番得です。

下取りに出すつもりだとしても、一度買取専門店へ査定を出してみると、比較が出来るので、売却の選択肢を多く持つ事が出来ます。1社だけに売却交渉をするのは最も安く買いたたかれてしまうので、オススメしません。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861