車の買取査定アップを応援

買取専門店で車を売るメリットって?

車買取会社の比較

スポンサーリンク

Credit by Car leasing made simple

中古車販売の店舗を持たずに、買取を行う会社の事を中古車買取専門店といいます。中古車の歴史でも触れたように、元々はディーラーの中古車部門が中古車の発祥ですが、市場の拡大に伴って中古車販売の専門店が誕生し、更に一般の方から買い取って業者相手に売る買取専門店が誕生しました。
参考→ 中古車買取専門店の歴史

交換市場や在庫調整の場として発展したオークション

オートオークションというのは、市場の拡大にともなって誕生したもので、例えば在庫を抱えて売れない会社が、他の会社相手に売ったりという、会社同士の在庫調整を目的として発足した側面があります。顧客層と合わない車を買い取った場合でも、オークションに出せば欲しい人は見つかりますので、いわば交換市場として機能している部分がありました

このようにオークション販売は流通の意味で業者間同士で使われていましたが、これに目をつけたのが買取専門店です。全国で行われていますが、地域や季節によって需要が異なるので、価格差が生じたりします。つまり車種ごとに需要の高い最適な場所へ出品すれば、確実な売却が見込めます

買取専門店が変えた中古車市場

売却が見込めるのであれば、該当する車を買取る事で利益が見込めます。買取専門店が登場するまでの買取は、不当に安く買取り、中古車販売店では高く売るというのが多かったのですが、選択肢も情報も限られていたので、そんなものかと鵜呑みにして売却する方がほとんどでした。買取専門店は売却額に応じて適切な買取額を提示したので、他店より高く買ってくれると評判になり、口コミで広がっていきました

多めに利益マージンを見積もっていた従来の業界に対し、効率化とデータを持ち込む事で販売実績を多く作り、買取専門店は成長していきました。ただこの方法も限界があって、売る量の方が買う量よりも増えれば、売ることが出来ません。オークションのみでは捌ききれなくなってきたため、買取専門店としてスタートした会社でも、販売店を抱えるケースが増えてきています

買取専門店の強みは在庫リスクを抱えないこと

もともと買取専門店の強みは、オートオークションのみへ販売する事ではなく、売れるデータを蓄積する事で在庫リスクを抱えずにすぐ売れる事にありました。在庫期間が長ければ赤字になるリスクが増えてきます。在庫を抱えるスペースのコスト、在庫期間中でも変動する相場価格、需要の変動も関係して在庫期間が長くなるほど売れないリスクが高くなります

販売店を抱えても売り切るまでの期間(回転率)が変わらなければ、売上を維持できるので高い買取額も維持できます。この効率が悪くなれば、従来の業界と同様に利益マージンを多く取らなければならなくなるので、買取額も安くなってきます。買取価格はその会社の健康度によっても変わる可能性があります。

従来では値段がつかないと思われていた車でも買い取る

また、古い車や走行距離の多い車でも買取額が出ます。販売店での買取だと査定0円でも買取専門店なら10万円などの査定になることも珍しくありません。販路が多いことに加え、パーツ取りをしたり海外へ輸出する事で売却が見込めると判断すれば、買い取ってもらえます

値段がつかないと思っている車でも、買取専門店なら予想外の価格がつくことも珍しくありませんので、査定依頼してみる事をおすすめします。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861