車の買取査定アップを応援

顧客満足度が1位の「アップルオートネットワーク」

車買取会社の比較

スポンサーリンク

Credit by goo-net

アップルの会社情報
運営会社 アップルインターナショナル株式会社
本社所在地 三重県四日市市ときわ1丁目4番2号
サービス開始 1993年11月
資本金 4億8,164万円(2015年6月現在)
売上高 254億円(2015年12月)
従業員数 65名(2015年12月)
店舗数 238店舗(2015年12月)
買取台数 年間約7万7千台(2015年度実績)
買取対応エリア 全国
オンライン査定 無料
出張査定料 無料
買取証明書の有無 あり
名義変更手続き代行 あり
アピールポイント オリコン顧客満足度No.1

業界第2位のシェアを誇る中古車買取専門店のアップルですが、1989年に日本で最初に「中古車買取専門店」をオープンさせたのはアップルです。愛知県を発祥の地として3店舗から開始しましたが、元々は中古車販売店として、その3年前に設立されています。4年後の1993年には中部地方で48店舗を構えるまでにいたり、全国展開のためフランチャイズ本部を千葉県に設立します。

海外への輸出を積極的に行う

その後、順調に店舗数を伸ばし、2000年には買取事業だけではなく、販売事業にも進出します。2004年にはアップルインターナショナルの持ち株子会社となります。1996年頃からタイとシンガポールへの輸出も行うようになり、以後中国などアジアを中心に輸出販売を行っています。香港では中古車ではなくメルセデスベンツの新車販売なども手がけているようです。

アップルの特徴としては、一般ユーザーから買い取った車をオートオークションへ直販して中間マージンをカットすることにより、買取価格に反映させる方法を採っています。買取専門店としてはガリバーよりも歴史が古いですが、モデルについてはどちらが早かったかは分かりません。いずれにしても、従来の他社よりは遥かに高額な査定で買取を実現していました。

海外への輸出も積極的に手がけているのもアップルの特徴です。日本で値段が付きづらい、安い査定となりやすい条件でも、海外なら高額になる事があります。アップルでの買取であれば、他店とは違う査定結果になる可能性があります。

オリコン調査による顧客満足度ランキングでトップ

またフランチャイズ制による店舗運営ですが、本部による「査定価格算出支援」「売却先選定支援」などを行っていますので、前述の輸出による査定アップも各フランチャイズ店舗で期待できます。フランチャイズ店舗に対する指導には定評があり、研修プログラムの「アップルアカデミー」などによる指導などにより、オリコンが調査する顧客満足度ランキングで2014年から2年連続で1位を獲得しています。

顧客満足度が高いことに加えて、運営年数が長いことも安心感があります。運営26年で130万台以上の買取実績を誇ります。この実績は、通常の査定に対するお客さんの評価が高いのに加え、海外への輸出販売を行っている事で、他社では出せない査定額を出せている事も影響しています。何処へ持っていってもそれなりの査定額にしかならなかった愛車が、アップルだけ高額で査定されれば、顧客満足度も高くなりますね。

運営実績やシェア数の割に、認知度が意外に低いという特徴もあります。CMも放映していますが、それほど積極的でないために、他社に比較して知名度で劣るのかもしれません。ただ前述のように老舗である事、第三者機関での調査で満足度1位である事から、安心して査定を依頼できる会社であるといえます。

アップルオートネットワーク公式サイト

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861