車の買取査定アップを応援

買取に比べて下取りだと低い価格でも納得しやすい

車の下取りに関する基礎知識

スポンサーリンク

Today is Towel Day in honor of the late Douglas Adams. So don’t you want to be a frood who really knows where his towel is?

Credit by Kreg Steppe

下取りで車を買われた方や、見積もりを取ったことがあるか方なら分かると思いますが、下取りで車を買う場合は売却額をあまり意識しないことがほとんどです。もちろん注意深く見積もり書を確認しますが、心理的にきちんと確認出来ない場合がほとんどです。

これは単純な話でもありますが、買取を依頼する場合は買取額の根拠を確認したりします。「これは人気車じゃないんですか?」とか「このこすったところってどれくらい減額されてるんですか?」とか細かく聞きます。人によってはたいして聞かずに売ってしまうかもしれませんが、少しでも疑問に思ったことがあれば聞くのが通常かなと思います。買取の場合は主目的が「買取額」なので、買取額に納得出来なければ売らないですし、なんでこの金額なのかを聞くのは当たり前ですよね。

下取りの見積もり書を提示された場合は、下取り額を一応確認しますが、「購入」が主目的になっていますので、結論である「購入額」が一番大事な項目になります。買取の場合は「買取額」が一番大事ですが、下取りの場合は「購入額」が一番大事です。そのため、仮に交渉をするとしても、下取り額を上げて欲しいという場合は少なく、購入額を安くして欲しいという場合がほとんどです。よほど慣れてる方でなければ、下取り額の交渉をした後に購入額の交渉をするというのは難易度が高いです。

また販売店側としては、お客さんが安くして欲しいと言うことを見越して、あらかじめ伏線をしきます。「この車は人気なので値引きはこれが限界です」とあらかじめ言っておいて、下取り込みで値引きなしの価格を提示し、値下げを言われたら「上の者に相談します」と言って「今回下取りの車の状態も良かったことですし、特別に10万円お値引きします!」という流れであれば、普通の方は納得します。しかし、通常であれば下取りと購入は別々に扱われなければならない事です。

買取店へ売却する場合であれば、このような心理的な盲点に引っかかることはありません。もし下取りに出す場合でも、下取りと購入を別に考えて、交渉テクニックに惑わされないように注意が必要です。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861