車の買取査定アップを応援

下取り価格を上げるテクニック

車の下取りに関する基礎知識

スポンサーリンク

買取会社が増えたことで、車を買い換える場合にディーラーへの下取りで買い換えるしかない状態から選択肢が増えていますが、現在でも買い換えといえば下取りというふうに思ってる方が多いと思います。

しかしディーラーへ下取りを依頼する場合に、下取り価格を上げる努力をされる方は少ないです。「もうちょっと何とかならないの?」と引き下がってみたとか、粘ったら10万円上げてくれたとかでは弱いです。何の予備知識がない状態で交渉をしても、ディーラーにとって少しぐらい値引きするのは想定の範囲内であることが多いのです。交渉によって値引きできたと思ってるだけで、全然損をしている可能性があります。

下取りと購入は別々の項目

下取り価格を上げるためには、下取りと購入を切り分けて捉える必要があります。見積書には一緒に記載されますが、それぞれ別の要素です。ディーラー側は「下取りと購入の条件はセットです」と話してくるかもしれませんが、販売テクニックなだけで全くそんなことはないのです。もしそれを受け入れると簡単な客と判断してもっと無理な条件を攻めてくる可能性があります。

下取り額を上げる方法についてはあまりありませんが、買取会社に事前に査定見積もりを取っておくことは非常に大事です。買取のプロが出した金額なので、それより低い金額というのは、相当値切られていると考えるべきです。

買取会社の査定より低い下取り額ならNG

買取会社の出す見積もりは、買ったあとに転売や販売をしても利益が出る金額です。そのため、一括査定などによって見積もりを取らない限り(価格を競争させない限り)、充分な利益を含んだ査定金額で提示してきます。もしこの金額よりディーラーの提示した下取り額が低かった場合は、買取会社よりも更に利益を含んでいるという事です。

最低でも買取会社の査定より上回らなければ損をしている事になります。また一括査定によって競争をさせた後の金額が限界値に近くなりますので、その場合はディーラーでは出せない金額になると思います。購入後の処理の違いが影響するためです。ディーラーはそのまま中古車として販売するのがほとんどですが、買取会社の場合はオークションなど転売によって利益を得られますので、設定する利益幅が異なってきます。ディーラーにどれだけ迫っても限界値付近まで出せるとは限りません。

同じメーカーでも販売会社は異なる

また、新車の購入はどのディーラーでも同じではありません。販売店の系列が違えば販売方針も違いますので、見積もり金額も異なってきます。同じ看板を掲げていても、販売会社は独立しています。コンビニのフランチャイズと一緒です。そのため、見積もりを出してもらうと必ず○○販売会社という記載がありますので、その違いで判別することが出来ます。

また、競合他社の似たような車種の見積もりを取るのも有効です。「今これとこれで悩んでいて」と競合他社のパンフを出されるだけでディーラーとしては嫌なものです。他の会社に取られる事は大事なお客さんを奪われる事ですから、きちんと営業してきます。相見積もり比較して他社の方が安いんですと数字で伝えれば、言葉で逃れるのは難しくなりなす。数字の説得力は強いです。

ここで紹介したのは誰でも出来るテクニックですが、それでも相手は交渉のプロなので上手く行くとは限りません。もし納得できる内容で契約出来なければ、無理をせず引き下がる、一旦時間を置くというのも立派なテクニックです。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4859