車の買取査定アップを応援

車検切れの状態でも売却することは出来る?

車を買い換える時の疑問

スポンサーリンク

車を売却するきっかけにもなるのが、車検の更新タイミングという方も多いと思います。車検の残り期間が少なくなると、売却するか更新するかを検討する方が大半でしょう。実際に買取査定を依頼する方は車検の更新付近で依頼する方がほとんどです。

車検の残り期間が少ないからといって、それが査定額を大きく下げる要因にはなりません。車検が1年以上残ってればプラス査定にもなりますが、それ以外はマイナスになるという訳ではありません。実際に車検更新間近で売却契約を行い、車両の受け渡しが完了した段階では車検が切れていたというケースも多いです。車検の残存期間を買取会社はあまり気にしません。販売タイミングに合わせて車検を取り直す場合がほとんどだからです。

車検の残り期間は大きく影響しない

車検の残り期間分は査定額に影響せず、自動車税などの残り分は査定額に含めるのが通常です。もし含まれてない場合は確認してみることをおすすめします。車検を更新しても査定額が車検費用分だけアップすることはありませんので、車検切れ付近だからといって無理に更新することはありません。

車検が切れた車の場合は、受け渡し時に自走することが出来ませんので、引き取ってもらう必要があり、その費用がかかります。査定は無料で出張査定をしてもらえますし、ディーラーへの下取りの場合も同様に来てくれますので、売却前に余計な費用が発生することはありません

放置している車は査定した方がお得

都市部に住んでいる方の場合は駐車費用がかかるので、不要な車であればすぐに売ってしまったり、処分を行いますが、車を駐めておける場所を持っている方の場合は、ついそのままにして放置されている方もいます。車検が切れてもそのまま放置することも多いです。そのような状態では、ディーラーを呼んだとしても値段がつくか分からないし、汚い車を見せるのが恥ずかしいという方もいらっしゃいます。

しかし、古くなった車だから全く値段がつかないということはありません。ハイエースが有名ですが、海外だと丈夫な車が喜ばれます。10万kmの走行距離でも全然古いと思わず、20万kmでも喜んで引き取る場合が多いです。特に日本車の安全性と耐久性は有名なので、走行距離が多い、古い車だからといって放置するのはもったいないです。海外に持っていけば喜んで使ってもらえる、しかも自分には売却した分のお金が手に入る。お互いに喜ぶ関係になれます。

また廃車にするという方法もあります。本来放置しているのも、廃車にするとお金がかかるという思いから手を着けられないでいる方がいると思いますが、廃車にする場合でも値段のつく場合があります。廃車にする場合は、まずパーツが売れれば、取り外して売ります。車体は鉄なので、リサイクルが可能で、鉄くず代として買い取ってくれますので、そういった金額が廃車費用を上回れば値段がつきます。

置いたままでは何も価値を生まないので、まずは査定依頼をした方がお得です。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4859