車の買取査定アップを応援

車検や下取り時などに無料で代車は当然? 今と昔では異なる代車サービス

車を買い換える時の疑問

スポンサーリンク

仕事や買い物などで車を必要な方は多く、日常の足として利用していると思いますが、修理や車検、乗り換え時などに代車が無いと困りますね。一昔前だと無料代車は「当たり前」のサービスでしたが、最近では代車を提供していなかったり、有料になったりする場合も多くなってきました。

代車が提供されない、あるいは有料になった理由

車検時や修理時の無料代車は、以前なら当然のように要求し、提供されていましたが、段々提供されなくなりました。その理由の一つに、利用者のマナーの悪さがあります。

レンタカーを借りたことのある方なら分かりますが、車の返却時にガソリンは満タンにするのがルールです。代車の場合は、明文化されていなかったかもしれませんが、使いっぱなしで返却する方が多かったようです。また、傷をつけても報告しない車内にゴミが放置されてる、などガソリン以外のマナーも低下したために、代車提供を中止する会社が増えてきたそうです。

もし代車を借りる場合は、借りた時の状態で返すのが当然です。最低でもガソリンは満タンにして返すのが礼儀です。

車検時の代車サービス

以前はディーラーに車検を依頼するのが一般的だった事もあり、その際に代車を提供してもらった方が多いと思いますが、現在は車検も多様化してきました。

ユーザー車検と言われる、自分で整備して自分で持ち込む車検をしている人はそれほど多くないでしょうが、ガソリンスタンドの、カー用品店、近くの整備工場の車検など、車検費用の競争が起こることでより安い車検を選択する方が増えてきました。

またホリデー車検のように、普通の整備工場ではなく、民間車検工場の指定を受けた工場であれば、陸運局への車両持ち込みも不要になるので、当日車検が可能になります。

車検費用も余計な費用が発生せず、車検を通すための必要最低限な整備費用しか発生しませんので、オススメです。ユーザー車検と比較して検査費用分しか違いがありませんので、格安で車検を受けることが出来ます。

ホリデー車検公式サイト

当日車検であれば代車を必要としませんので、当日車検が増えてくれば「車検は時間がかかるから代車が必要」という認識も変わってくると思います。

修理の場合における代車

自動車の修理は、何か故障した、おかしくなった時の修理と、事故などによって修理の必要な場合があります。どちらの場合も代車を用意してもらえれば良いですが、前者は比較的時間に余裕があるのに対し、後者は突発的なものなので、ほとんど選択の余地がありません。つまり代車を提供していない修理工場へ依頼する場合には、それを受け入れるしかないという事です。

それをカバーするのが、任意の自動車保険です。自動車保険を契約していれば、事故時には当然保険会社に連絡しますが、ソニー損保の場合であれば提携の修理工場を利用すると、代車が無料で提供されます。

保険会社によっては「特約」としてオプション提供している事があります。代車がなければ困るような車の使い方をしている場合は、申し込んでおいた方が安心です。

余談として相手の過失によって修理を行う場合、基本的に保険会社は代車費用を出したがりません。理由として、0:100というような過失割合の事故ケースは少なく、お互いに過失が発生しているという前提があるためです。そのため保険会社は色々な理由をつけて断ろうとしますが、もし生活に必要であれば諦めずに交渉が必要です。過失割合に応じた費用負担をすれば代車費用が認められることもあります。

修理の場合もほぼ同様で、修理工場で無料代車のサービスを提供していなければ借りる事が出来ません。保険を使うことはほぼ無いと思いますが、もし保険を使う場合は特約などによって代車を用意してもらえます。

乗り換え時の代車について

Credit by Hendra Willyanto

新車への乗り換え時などに、下取りや売却によって一時的に車が手元にない状態が生まれます。この場合、ほとんどのケースで購入先の会社から代車の提供を受けることが出来ます。

ディーラーへ下取りに出して新車を購入するような場合であれば、ディーラーから代車を提供してもらえると思います。代車を希望する人が同じ時期に重なると、全て貸し出し中で代車を借りられない事がありますので、早めに希望を伝えておくと良いでしょう。

買取の場合は、ただ売却するだけなので代車を借りられるとは普通思いませんが、ガリバーなどでは無料で代車の提供を行っています。ガリバーの他に、アップルカーチスラビットビッグモーターT-UPなどがサービス提供しています。ただ最新の情報ではありませんので、一度ご確認ください。

また、代車提供を受けられる条件も各社で異なる可能性があります。ガリバーの場合は、既に乗り換え予定の車を契約して納車待ちという方に限り、代車の提供を行っています。そのため、先に売ってから乗り換えの車を契約予定の人は、事前に代車を提供してもらえるか確認が必要です。

代車の提供も、いつまでという期間が明確でなければ貸せないと思いますので、事前に期間を決めて希望を伝えるべきです。

最後に、どうしても無料で代車が借りられなかった場合のために、他の手段をまとめてみました。

レンタカーを代車がわりにする場合

レンタカーを借りる用途としては、短期間がほとんどなので、料金設定も最初の料金が高めに設定されています。しかし長期で利用する方のために特別プランの設定されているレンタカーもあります。

ニコニコレンタカーは格安レンタカーとして有名ですが、長期利用者のためにウィークデープランと1ヶ月プランを用意しています。平日(月~金曜日)の利用プランでは、13,500~35,250円で借りる事が出来ます。1ヶ月の場合は、72,000~188,000円となっています。いずれも設定店舗が限られるので、直接ご確認ください。

他にウィークリー、マンスリー限定のレンタカーとして、スマイルレンタカーがあります。こちらはウィークリーが21,700~28,000円、マンスリーが49,800~59,800円となっており、ニコニコレンタカーよりお得です。

リースを利用する

商用車などでは買うよりも借りる方が初期費用を押さえられるため、多くの企業でリース契約が一般的ですが、個人でもリースを利用する方が増えています。

年単位の長期ではなく、1ヶ月単位で借りられるリースも用意されています。東京・埼玉・神奈川に限定されますが、「イチゴカーリース」というサービスでは1ヶ月15,000円から利用できますので、もし乗り換えの予定が未定であれば、こちらを利用するのも一つの方法です。

カーシェアリングを利用する

近くにあることが前提ですが、最近増えてきたカーシェアを利用するのも良い方法です。レンタカー・リースの場合は駐車場の確保が必要なので、借りる費用にプラスして駐車場代が必要ですが、カーシェアの場合は必要ありません。

そもそも利用する時だけ車があれば良いので、利用した分だけ料金を支払うカーシェアの仕組みは合理的で経済的です。一日中車を使うような場合を除けば、カーシェアの方が安く済むかもしれません。

昔は「何をするにもディーラー」という方がほとんどだったので、代車の仕組みも当然という方がほとんどだったと思いますが、現在は車検の場合でも当日車検が増えてきたり、整備や乗り換え時の方法が多様化してきました。

そのため、代車がなければ我慢するという方も出てきています。自動車の所有を見直す人すら増えているので、代車サービスの変化も時代の流れの一つなんだと思います。

スポンサーリンク


Deprecated: related_posts の使用はバージョン 5.12.0 から非推奨になっています ! 代わりに yarpp_related を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 4861